図書館ホームページ“さくららん”トップ“さくららん”バックナンバーページ


◆◇◆◇◆ さくららん vo.12 (2006.1.13) ◆◇◆◇◆


 あけまして おめでとう ございます。
 2006年も さくららん&図書室を 御贔屓に よろしくお願いします。

お正月はいかがお過ごしでした?コタツにみかんに・・・TVだよね。
その結果、でました「妖怪 くっちゃね」
まだ生きているらしい。

−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−

□■□今月の目玉ニュース■□■

1月10日より図書システムが新しくなりました!

もうタッチパネル式貸出は経験されましたかな?

IDとパスワードの変更もお願いしましたが完了ですか?
図書購入も文献複写も IDとパスワードでログインして依頼してくだされ。


---------------------------------------------------------------------------------------

さてさて、今月号からデータベース紹介は 図書室の新システム紹介に衣替えしまーす。

★OPAC(蔵書検索) 第1話 ★ 


蔵書検索は、「簡易検索」「詳細検索」「特集検索」に分かれてて
画面を開くと「詳細検索」が開くようになっておる。

んだば、今回は詳細検索画面のご説明

1)画面最上部 「資料選択」で 探すものを決定ー
 そのまま「全資料」ってしとけば限定されず、全部から探してくるぞな。

2)お次は、論理積か、論理和かの選択・・・簡単にいうとAND検索かOR検索
  お勧めは、「全てのキーワードを含む」のAND検索ですなー

3)んで、ここからキーワードを入れるフィールド
  「タイトル」「著者名」「出版社」「出版年」「ISBN/ISSN」は
  今までとおんなじなので・・・とばしやす。
  
 ★「フルタイトル」・・・例えば、Fusion Plasmaっていう図書をお探し中の時は「FusionPlasma」
と綴りを続けたかたちで検索語とするのである。
んで「FusionPlasma*」とすると書名:「Fusion Plasma あれあれあー」みたくヒットします。

 ★「フリーワード」・・・今までは図書の情報のどこかにあればヒットしておったですが
今回はタイトル、著者名、出版者、目次のどこかってことにあいなりました。
 
 ★「言語」・・・・・・・「英語」とか、「日本語」「ロシア語」といろいろ。。。
  
 ★「資料種別」・・・・・これは・・あまり。。。

 ★「所蔵場所」・・・・・不要ですが空白のままにしておいてくださいな。。。

★★「目次」・・・・・・・新システムの新メニュー登場!
これから随時データを作成するので徐々にヒット件数も増える!はず(頑張れ!図書係!おー)
      
★★「分類」・・・・・・・今回から前方一致で検索します。詳しいことは次号で・・・

4)キーワードを入れたら、いよいよ検索! だが検索ボタンは2つ!さてどっち?
  「検索」ボタンはNIFS図書室の所蔵検索
  「NACSISI Webcat」ボタンは 国立情報学研究所(注1)のデータベースを検索

  まずは、「検索」ボタンで NIFSの所蔵を調べてくだされ

5)検索結果は何件でした?
  沢山ヒットしたら、 画面上部の「絞込検索」がよろしかろう

  ソートはいまのところ、書名順が基本で、出版年等を指定しても
  書名順の中の出版年順となってしまっていますが
  いままでのように出版年でソートできるように修正中です。
  (これも、もーちとお待ちくだされ)

  要注意なのは「区分」欄の 図書と雑誌ですなー
  いままでは図書と雑誌は色分けされていましたが、今回は全部まっしろですので・・・
 
  ヒット件数0だったら、「NACSISI Webcat」ボタンで全国の図書館を検索してみてね
    
6)一覧画面の中から探している資料は見つかりました?
  これだ! というものをクリックしてくだされ

  詳細が表示され

  今までどおり、書棚の場所は「配架場所」欄の 「3F」とかをクリック

  貸出中のときは、予約申込ボタンじゃよ

 詳細画面のデータや、一覧表示のデータはファイル出力・メール送信できますぞ



!!!ご注意くだされ!!!

検索の途中で前の画面に戻りたくなったとき、
画面上部 OPACシステム という水色のバーの中にある 戻る ボタンをクリックしてね。

ブラウザの戻るボタンはお控えください。
(どこへいってしまうのか・・・わからないらしい。。。おいおい)


(注1):詳しくは「さくららん」Vol.10をご覧ください。
       http://toshom2.nifs.ac.jp/sakuraran/sakuraran_vol10.htm
--------------------------------------------------------------------------------------- 

■ さくららん お得か?情報 PT6  ■ 

図書室カウンターで貸出しようとして・・・アレ? って。

そーなんです。 貸出用バーコード読取装置もかわりました。
読取用の赤い光は読取装置の柄の部分の裏側のボタンを押すと光るんです。
そして、バーコードを1つ読むとまた消え。(・・・)

2冊以上つづけて借りる場合は面倒だけど読込むたびにボタンを押してくだされ。

〜〜〜 今回は、ちょいとそんこいた 情報でした。 アシカラズ 〜〜〜


---------------------------------------------------------------------------------------
 
© National Institute for Fusion Science Library