図書館ホームページ“さくららん”トップ“さくららん”バックナンバーページ


◆◇◆◇◆ さくららん vol.133 (2016.8.15) ◆◇◆◇◆


みなさーん 
立秋過ぎたとはいえ、今年も暑い夏です!
最高気温の記事もあります↓。

今月号のメインは「論文投稿料・別刷料の支払いについて」です。
ご一読ください。

−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−

□■□ 今月の目玉ニュース ■□■

〜「理科年表プレミアム」のご案内 〜

理科年表は現在(2017年2月まで)「理科年表プレミアム」を契約しております。
図書室ホームページ(トップページ)にバナーがありますので、
そこからログインしてご利用ください。


『理科年表プレミアム』には、
国立天文台編纂の自然科学系データブック
『理科年表』の創刊当初から最新刊までの
約80年分のデータが収録されています。

役立つ情報から趣味的(?失礼!)情報まで入手できます。
しかもデータをダウンロードできます!!

例えば、物理部の目次から抜粋しますと・・・

・文:固有の名称をもつSI組立単位
・表:10の整数乗倍を表すSI接頭語
・文:電磁気の単位系の比較
・文:SI以外の単位
・文:基礎物理定数
・表:エネルギー換算表
・表:原子およびイオンの電子構造
・表:超伝導物質の臨界温度と臨界磁場
・表:紫外部、可視部、近赤外部のおもなスペクトル線の波長
・表:真空紫外部のおもなスペクトル線の波長(真空)
・表:赤外部のおもなスペクトル線の波数

などなど。

冊子体『理科年表』(平成25年)の目次はこちら↓でご確認ください。
http://toshom02.nifs.ac.jp/opac/jsp/images/mokuji/40043929.pdf

以下は研究には関係ないのですが・・・

この猛暑の中、「昔からこんなに暑かった?」と
1925年版(一番古い)の「本邦各地の気温の月中最高と年中最高の平均」より
名古屋の気温をみてみたら・・・8月に 34.6度  
そして、「気温の最高および最低記録」では、
名古屋で 1942年8月2日に 39.9度 が観測されていました。
岐阜では 2007年8月16日  39.8度 が最高とのこと。
暑い年もあったのですね。

そして、世界地震分布図を見たら、あらまぁ 
日本は国の形も見えないほど真っ赤に塗りつぶされています。
プレートの形がよくわかります。

一度使ってみてください。


※冊子体『理科年表』は
 平成17年版(2005年)以前を地下の書庫に移動しました。

---------------------------------------------------------------------------------------

★ 論文投稿料・別刷料の支払いについて ★  

<投稿料>

研究論文の投稿料・別刷料の支払いを研究報告出版費等にて行います。
以下にそれぞれの場合の手続き方法をご案内いたします。

1. 国内出版社への支払
2. 海外出版社への支払(インボイスのあるもの)
3. 立替払い(クレジットのみの支払い)
4. 共同研究者の論文の支払
5.支払いについての注意点


☆1. 国内出版社への支払

出版社から「見積書・納品書・請求書」が届きましたら
納品書に 受領日付と氏名を明記して、
図書事務室にお持ちください。


☆2. 海外出版社への支払(インボイスのあるもの)

出版社(もしくはそれに代わる部署)からインボイスが送られた場合は
そのインボイスに 受領日付と氏名を明記して、図書事務室にお持ちください。
インボイスがメール添付の場合はそのファイルを印刷して、
受領日付と氏名を明記して図書事務室にお持ちください。


☆3. 立替払い(クレジット支払いのみの場合)

クレジット支払いのみの場合は、研究所から直接お支払いできませんので、
著者である皆様に一旦個人のクレジットカードを使ってお支払いいただき、
後にお支払い金額を研究所から個人口座に振り込みます。
以下の書類(画面コピー)をご用意ください。

・クレジット払いしかできない証明
・支払い証明(相手方の受取完了メッセージのある画面コピー)
・クレジットカード支払い明細書の写し(通貨レートが明記されたもの)
・立替払請求書
 ※詳細欄にクレジットカード支払しかできない理由を記載してください。

 立替払請求書は以下の場所にあります。
 ちょくちょく様式が変わりますので、事象が発生したたびにダウンロード
 されることをお勧めいたします。 

 △ファイルの場所
 サイボウズ → ファイル管理 → (ルートフォルダ)の下 管理部・財務課
  → 会計事務に関する通知文書等 → 物品・役務 関係 → 立替払請求の手続

 ここに立替払請求書ファイルがあります。
  ⇒http://info.nifs.ac.jp/cgi-bin/cbag/ag.cgi?page=FileView&gid=198&fCID=29831&fFID=20050


☆4. 共同研究者(一般、双方向、LHD計画共同))の論文投稿料の支払

平成28年度の共同研究公募案内にもありますとおり、
共同研究の成果を論文として発表される場合、投稿前に図書・出版委員会宛に
申請書を提出していただけば、第一著者がNIFS研究者以外の論文の投稿料についても
お支払いいたします。

所内世話人からもご案内ください。

支払に関してはいくつか条件がありますので、詳細は、図書室ホームページ 
“掲載料支払い方法”にてご確認ください。
  ⇒ http://tosho.nifs.ac.jp/toukouryou/toukouryou.html
 こちら↑のページに申請書も掲載しております。


≪支払いについての注意点を3点 と お得情報≫

1. オープンアクセス誌に投稿される場合は、
  “投稿前”に理由書を図書・出版委員会に提出してください。
  (Plasma and Fusion Researchは除きます。)
  オープンアクセス誌以外の雑誌で
  オープンアクセスにするための料金はお支払いできません。⇒4へ

2. カラーチャージがおよそ20万円を超える場合は、
  研究費などでカラーチャージの負担をお願いする場合があります。
  掲載料とカラーチャージが明確な場合、掲載料はお支払いします。
  その場合、支払書類1通で研究費と一緒に支払可能です。

3. NAIS論文情報システムへの登録も忘れずに行ってください。
  登録の際は、論題の和訳も忘れないようにお願いします。

4.オープンアクセスにするための料金や、掲載料とカラーチャージを支払う場合
  支払用書類に、それぞれの金額が明確に表示されていれば
  そのうちの掲載料を研究報告出版費でお支払いし、
  オープンアクセス料やカラーチャージ(20万円を超す場合)のみ、
  研究費等でお支払いいただくということも可能です。
  学術情報係にお申し出ください。


<別刷り>

別刷は、原則100部までお支払いいたします。
100部を超えて必要な場合は、あらかじめ理由書を図書・出版委員会宛に
提出してください。
お支払い手続きは、後払いと前払いで違います。


☆1. 後払い(別刷と請求書が同時に到着したもの)

@ 到着した別刷と、支払用書類を持って検収センターで検収を受けてください。
A 別刷1部と支払用書類(受領日付と氏名を明記)を
  図書事務室にお持ちください。

  提出いただきました別刷1部は図書室で保存いたしますのでお返しいたしません。
  ご了承ください。


☆2. 前払い

@ 支払用書類(インボイス)が届きましたら受領日付と氏名を明記して
  図書事務室にお持ちください。
その際、「前払い」である旨お知らせください。
  検収印はこの時点では必要ありません。
A 支払完了後、別刷が届きましたら、検収センターにて検収を受け、
  別刷1部を図書事務室へお持ちください。


≪注意点 別刷りと投稿料の違い≫

 検収センターで検収印をもらうのは、別刷りの納品があった場合のみです。
 投稿料のみの場合は、検収は必要ありませんので
 書類に受領日付と氏名を明記して、図書事務室へお持ちください。


詳細は、図書室ホームページ “掲載料支払い方法”にてご確認ください。
  ⇒ http://tosho.nifs.ac.jp/toukouryou/toukouryou.html


---------------------------------------------------------------------------------------

■ さくららん お得情報 PT125 ■  

夏休み後半!
お子様の夏休みの宿題(工作)は終わりましたか?
もしも、まだ決まっていない方のヒントに 
こんな本はいかがでしょうか?

愛知物理サークル, 岐阜物理サークル編著
「いきいき物理わくわく実験 = Physics & experiments」
  Vol.1,2,3
  分類番号 420||Ait||1,2,3

目次 Vol.1 ⇒ http://toshom02.nifs.ac.jp/opac/jsp/images/mokuji/40039786.pdf
目次 Vol.2 ⇒ http://toshom02.nifs.ac.jp/opac/jsp/images/mokuji/40039794.pdf
目次 Vol.3 ⇒ http://toshom02.nifs.ac.jp/opac/jsp/images/mokuji/40039802.pdf

中高生向けの本ですので
小学生のお子様にはひとひねり必要かもしませんが、
そこはお父さん・お母さんの力を少しお借りして・・・。

お子様のいらっしゃらない方も、楽しい気分転換になるかも!

---------------------------------------------------------------------------------------

☆★
★ 質問・要望・なんでもござれ・・・ tosho@nifs.ac.jp 又は gakujutsujoho@nifs.ac.jp
  感想もおまちしています。
  バックナンバーも見てね ・・・http://tosho.nifs.ac.jp/sakuraran/sakuraran-b.htm

---------------------------------------------------------------------------------------


 
© National Institute for Fusion Science Library