図書館ホームページ“さくららん”トップ“さくららん”バックナンバーページ


◆◇◆◇◆ さくららん vo.17 (2006.6.15) ◆◇◆◇◆



  みなさーん。 梅雨入りしちゃいましたね。
 梅雨って聞くとうっとしぃーって思ってしまうのはなぜでしょね。

 だけど、 今年の梅雨はちょっと違うのら。
 なんたって ☆ワールドカップ☆ 

初戦は残念だったけど、次はがんばれ!! 
 
−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−

□■□今月の目玉ニュース■□■

みなさん おまちかね 図書室“にゅーフェイス”
加地美紀子(かち みきこ)さんの登場です。
もう個人的に情報ゲットした方もいらっしゃいましょうが、も一度新鮮な気持ちで。
では、自己紹介です。

 はじめまして!加地美紀子です。初めてのさくららん、少しドキドキしながら
書いてます。
自己紹介・・・何から書いていいのやら(><)
出身は土岐市で、地元です。この核融合科学研究所ができた時、何ができたのか
分からず、「でっかい建物ができたなぁ・・なんじゃこりゃ?」と思ってました。
そんな私が、まさかここで働く事になるなんて!自分が一番びっくりです。
図書館司書の資格を取っておいてよかったなぁ♪
 
 趣味はドライブ。晴れた日に目的もなく車でウロウロするのが大好きです。
もし、お勧めのドライブコースなんかがあれば教えてくださいね♪

 私、実は少し恥ずかしがり屋さん(*^.^*)
でも、この図書室では、たくさんの方と知り合って楽しくお仕事がしたいと思って
ます!見かけたら話しかけてくださいね!
この図書室で、たくさんの人のお役に立てたらうれしいです。

 まだ、仕事に不慣れなもので、しばらくの間、みなさまにはご迷惑をおかけして
しまうかもしれませんが、よろしくお願い致します。 

---------------------------------------------------------------------------------------

★出版社・学会情報 第3話 〜 AIP & APS 〜 ★

AIP っていったら American Institute of Physics アメリカ物理学協会
んでぇ APS はぁ American Physical Society    アメリカ物理学会

AIPはぁ APSを含むアメリカの物理系の学会をまとめてて、
それらの学会誌を出版してる・・・ってこと。

どちらも非営利団体なんだけど、雑誌はちょっと高額。
その分、利用頻度も高いのでまぁね。

APSのほかにどんな学会がAIPに入っているかっていうと
・Optical Society of America
・American Geophysical Union
・American Astronomical Society
などなど・・・
 詳しくはこちらからどうじょ→http://www.aip.org/aip/societies.html


そして、AIPもこれまで紹介した出版社同様検索エンジン「Scitation」をもっておる。
  →http://scitation.aip.org/

カバー雑誌はデータベース欄の“Scitation”“SPIN”(赤点線)をそれぞれクリック。
フルテキストへのリンクはできるものと出来ないものがあるので要注意。


そのほかでは・・・

PACSナンバー(Physics and Astronomy Classification Scheme)もAIPでやってるざんす。
以前は「Physical Review Letters」(APS) に掲載されておったのだが、
最近はインターネットでご確認を。
 →URL:http://www.aip.org/pacs/index.html
 

AIPのHPをご覧になってお気づきの方もありましょうが、
「AIP Style Manual Fourth Edition 1990」 こちら、図書室に所蔵ありです。
もちろん、貸出OK  論文投稿などにお役立てください。
  請求記号(本に貼ってある記号)930||Ame
  場所は こちら

1990年って、ちょっと古いと思いません!?
でも、まだ5th ed. 出ていないみたい。
5th ed.情報をお持ちの方いらっしゃいましたら是非教えてくださいね。

--------------------------------------------------------------------------------------- 

■ さくららん お得情報 PT11  ■ 

OPAC(蔵書検索)の検索結果一覧画面が変わったの、気付きました?

ひとぉーつ タイトルが数行にわたった場合、改行して・・・頭がそろったのじゃが。
      読みやすくなったと関係者一同ご満悦中ですが皆様いかがでしょか?
       (あたりまえだぃ! っちゅう声もありますが・・・)

ふたぁーつ 区分欄にある 図書と雑誌を色分けしてみました。
      図書の文字は濃紺に  雑誌の文字は橙色に。
      今後、も1つ「雑誌特集記事」が増える予定。どんな具合になるかは
      出来上がってのお楽しみ。乞うご期待!!


--------------------------------------------------------------------------------------- 

 
© National Institute for Fusion Science Library