図書館ホームページ“さくららん”トップ“さくららん”バックナンバーページ


◆◇◆◇◆ さくららん vol.33 (2007.10.16) ◆◇◆◇◆




みなさーん 1日遅れでごめんなさい。

秋です。実りの秋。収穫の秋。
お米も新米がとれて、ごはんが美味しいですね。

「コシヒカリ」「ひとめぼれ」お米にもいろいろありますが、
最近は、「ミルキークイーン」っていう新種がでたとか・・・。

白いごはんの大好きな図書室員でした。

−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−

□■□ 今月の目玉ニュース ■□■

〜 発表! 平成19年度上半期 貸出 ベスト5 〜

1位 プラズマ診断の基礎と応用 / プラズマ・核融合学会編
2位 電気化学 / 渡辺正 [ほか] 共著.(基礎化学コース)
3位 Principles of plasma physics / Nicholas A. Krall, Alvin W. Trivelpiece
   (International series in pure and applied physics)
4位 プラズマ物理学の基礎 / V.E.ゴラント, A.P.ジリンスキー, I.E.サハロフ著 ; 下條隆嗣, 田井正博訳
5位 核融合のためのプラズマ物理 / 宮本健郎著

---------------------------------------------------------------------------------------
★出張報告★

10月12日に総研大の図書館職員研修会に参加させていただきました。

研修内容は「機関リポジトリ」についてです。

午前と午後にわかれ、2つの講演を聴いてきました。

○午前の部○

 「情報発信のための機関リポジトリ」
        国立情報学研究所 村上祐子先生

村上先生からは機関リポジトリをどう進めていくか、何をどのように
していったらよいのかというお話を聴きました。

◇利用者が求めること

・オープンアクセスである(無料で見ることができる)
・本文に辿り着ける

◇運営側に必要なこと

・一覧性のあるWebサイトづくり
(どんな論文を?どんなデータを?)
・情報提供の安定化
・誰(運営主体)が何のため(運用の意義)にどのようなコンテンツを?を考え
一覧性のあるものにする。
・研究者の協力が必要不可欠である。
・図書館では通常業務としての運用が必要。紙からデジタル化に変わっただけであり、
学術情報をどのように守っていくかが大切。

●午後の部●

「千葉大学学術成果リポジトリ CURATOR運営で経験したこと」
        千葉大学付属図書館 情報部情報サービス課 鈴木宏子様

実際に機関リポジトリを運営している千葉大学付属図書館の方からお話を聞きました。

リポジトリの現状など細かくお話を聴きました。
機関リポジトリがどれくらい目的を果たしているのか、どのような効果があるのか
興味がありました。が、千葉大学でリポジトリを始めてから3年。まだ、利用者から
良くも悪くも聞こえてこないらしく、どうなのか…?という状況のようです。
ただ、学内研究者からは学術情報の管理・発信・保存のコストを節約することが
できる!という声が聞こえてきているそうです。

リポジトリを開始するに当たっては、多くのマンパワーが必要になり、時間も費用もかかります。
著作権の問題など、様々な苦労がある中で、やはり、研究者との連携が大切だと話されました。

雑誌の値上がりで、購入雑誌がどんどん減っていく中リポジトリを運営することによって、
見たい論文がいつでも、誰でも無料で見られるようになるなんてとても魅力的。
そう思う反面、この先、図書室の役割はどうなるのだろう?
と思いました。千葉大学ではILL業務が文献調達業務に変わりつつあるそうです。
複写依頼を受けても、ここ(リポジトリ)に載っています。と教えてあげたり…

リポジトリを進めている図書館はまだ少ないようです。
でも、近い将来、定着していくのだろうと思います。

PCがあれば読みたい論文がいつでも無料で見られる。
もし、そんな環境になっても図書室には足を運んでくださいね!

…っていつの話をしてるんだか。

もっともっと深いお話を聴いてきましたが、長くなりそうなので、
簡単ではございますが、出張報告とさせていただきます。


--------------------------------------------------------------------------------------
 
■ さくららん お得情報 PT24 ■ 

Ovid-INSPEC 利用されていますか?

「Ovid」って何? 普通にいうところの「INSPEC」と違うの?
と、思われている方、ご安心ください。

ふつー にいうところの「INSPEC」です。
「Ovid」は、「INSPEC」を使うためのプラットフォームです。

図書室ホームページトップからINSPECにアクセスすると、
データベース選択の画面になります。
1969年以降にするか、1987年以降にするか・・・・。

どちらも、検索のスピードはほとんど同じです。
より沢山の論文をお探しの場合は、1969年以降に
新しいところをお探しの場合は、 1987年以降が便利かと。

部分的に、論文のフルテキストまでアクセスできます。
是非ご利用ください。

--------------------------------------------------------------------------------------- 

 
© National Institute for Fusion Science Library