図書館ホームページ“さくららん”トップ“さくららん”バックナンバーページ


◆◇◆◇◆ さくららん vol.41 (2008.6.17) ◆◇◆◇◆





◆◇◆◇◆ さくららん vol.41 (2008.6.17) ◆◇◆◇◆
みなさーん
梅雨入りしちゃいましたね。
梅雨といえば・・ほたる!
今年も研究所ほたる鑑賞会がありますね。

今年はたくさん飛んでいるという話しを聞きました。
楽しみですね。


5月8日、哀しいお別れがありました。
伏見康治先生がお亡くなりになりました。

図書室には、今年の初め(1月)に、
著書「光る原子、波うつ電子」をご寄贈いただきました。
心よりご冥福をお祈りいたします。

−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−

□■□ 今月の目玉ニュース ■□■

サイエンスダイレクト・レファレンスワーク
(エルゼビア社が発行している百科事典の電子版)

総研大の他機関で購入していますサイエンスダイレクト・レファレンスワークを
核融合科学研究所からも閲覧できます。
ご利用ください。

閲覧できる百科事典は次のものです。

Encyclopedia of Atmospheric Sciences

 
Encyclopedia of Genetics
 

Encyclopedia of Geology
 

Encyclopedia of Quaternary Science
 

Methods in Enzymology
 

Treatise on Geochemistry
 

Treatise on Geophysics
 

---------------------------------------------------------------------------------------
★ 出張報告   ★

「学術情報流通の改革を目指して
  〜電子ジャーナルが読めなくなる!?〜」

というシンポジウムに参加してきました。
 〜電子ジャーナルが読めなくなる!?〜 
って読んでも危機感はありませんが、
実際は、「電子ジャーナルが読めなくなった!!」というシンポジウムでした。
地方の国立大学で今年度からある出版社の電子ジャーナルを契約できず、 電子ジャーナルが読めなくなってしまいました。

  ちょっと想像してみてください。
  そこの大学の先生達は
、    ・インターネットで論文が読めない。
   ・図書館に行っても雑誌もない。
   ・ダウンロードするには費用が必要。
   ・他大学に複写を依頼すると、手元に届くのに数日必要。
  ・・・・・でもこれは、他人事ではないのです。

シンポジウムに話しを戻して、

基調報告では、今後をシミュレーションしたグラフが示され、

○現状のまま、手をこまねいていたら2014年には、
 購読できる雑誌数が今の半分になってしまう。
 (規模の小さい図書館ほど、購入できる雑誌数は少なくなる)

○もしも、現状のままの雑誌数を購入しつづけるのならば、
 購読金額は今の58%アップしてしまう。

これまで図書館界の人達だって、今まで何もしなかったわけではなく
国立大学でコンソーシアムを組んで、出版社と交渉したりしてきました。
しかし、ちょっとお手上げ状態です。

そこで、研究者で、論文の著者で、査読者で、読者で・・・・
という皆様のご意見をお聞かせ願いたい。
そのために、今後効率的に集まって話が出来る場所をつくっていきましょう!

ということで、今回のシンポジウムは散会となりました。

ご意見をお持ちの方がいらっしゃいましたら、
または、お気づきの点がありましたら、
是非図書室までおしらせください。

今回のシンポジウムには、課長の代理で参加させていただきましたが、
各大学からは、館長先生と担当課長が参加されており、
どこの図書館も危機的な状況にあるというのがひしひしと伝わるシンポジウムでした。
そのような空気の中に身を置く事ができたことに感謝して、出張報告といたしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------------------
 
■ さくららん お得情報 PT31 ■ 

利用者のご好意により、以下の雑誌を定期的に寄贈していただくことになりました。
新着雑誌架にありますので、どうぞご利用ください。

・IEEE Spectrum (奇数号)
・IEEE Industry Applications Magazine
・Journal of Power Electronics
・EPE Journal
・トランジスタ技術

---------------------------------------------------------------------------------------

☆★
★ 質問・要望・なんでもござれ 
  

 
© National Institute for Fusion Science Library