図書館ホームページ“さくららん”トップ“さくららん”バックナンバーページ


◆◇◆◇◆ さくららん vol.90 (2012.11.15) ◆◇◆◇◆




みなさーん

立冬が過ぎて、すっかり冬らしくなってきました。
今日は高山で積雪だったそうです。

さて、今月号より新コーナーを開設いたしました。
「今月の目玉ニュース」の次です。
御希望や御感想をおきかせいただけますと嬉しいです。

−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−

□■□ 今月の目玉ニュース ■□■

 〜〜〜 ☆ 購入希望 受付中 ☆ 〜〜〜

図書室に備え付けてほしい本や、置いておくべき本がありましたら、
いつでもお申し出ください。

メールで、ホームページから、もしくはカウンターへ直接お申し出ください。


---------------------------------------------------------------------------------------

▼△ 図書室のこんな資料あんな資料  △▼ 

今月号からの新コーナーです!

第1回目は 図書室で購入した最初の図書をご紹介します。

一番最初・昭和36年にプラ研が出来て、一番最初に購入したのは、

  和書 「集成万能数表」
  洋書 「An introduction to the kinetic theory of gases」

そして、核融合科学研究所になって、平成元年、最初に購入したのが、

  和書 「ベクトル解析 (理工系の数学入門コース 3).」
  洋書 「 Physics of high-T[c] superconductors 」

すべて現役。図書室で利用されています。


---------------------------------------------------------------------------------------

★ 総研大の研修に参加して ★ 

平成24年度総合研究大学院大学附属図書館研修に参加してきました。
毎年開催される研修会ですが、今年は久しぶりに総研大本部の葉山で開催でした。


◆日程◆
平成24年11月13日(火)
09:30〜10:00 受付
10:00〜10:15 開講式・オリエンテーション
10:15〜11:45 講演 「これからの図書館」
          及川昭文氏(総合研究大学院大学)
11:45〜13:00 懇親会(昼食)
13:00〜14:30 講演 「最近の電子ブック出版の動向(和書を中心として)」
          牛口順二氏(紀伊國屋書店eコマース事業本部)
14:30〜15:45 休憩
14:45〜15:45 講演 「ディスカバリーサービス(OCLC Worldcat Localを例として)」
          新元公寛氏(紀伊國屋書店OCLCセンター)
15:45〜15:55 事務報告等
15:55〜16:00 閉講式

午前は、長い間総研大の図書館長を務めてこられた及川先生の講演でした。

講演内容は、以下のように大きく4つにわかれ、非常に興味深いお話しでした。
1)及川先生が図書館に関わるまでのお話し
2)図書館に関わってからからのお話し
3)報告書にみる図書館像
4)総研大附属図書館

特に3)の報告書では、
・「学術情報基盤の今後の在り方について」(報告)2006年3月
   URL⇒ http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu4/toushin/06041015.htm

・大学図書館の整備及び学術情報流通の在り方について(審議のまとめ)2009年7月 の中の
 「電子ジャーナルの効率的な整備及び学術情報発信・流通の推進」
   URL⇒ http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu4/toushin/1282987.htm

・「大学図書館の整備について(審議のまとめ)−変革する大学にあって求められる大学図書館像」
  2010年12月
   URL⇒ http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu4/toushin/1301602.htm

これらに基いての講演で、う〜んとうならされて帰ってきました。
上記、URLをつけておきましたので、興味のある方は、ご一読ください。

及川先生は今年度限りで御勇退とのことです。
現在我々がElsevier社やSpringer社の電子ジャーナルを利用することができるのも
電子ジャーナルの全学購読を実現してくださった、
総研大図書館と及川先生の御尽力に感謝いたしたいと思います。

午後の「最近の電子ブック出版の動向(和書を中心として)」は、
図書館と電子ブックの話ではなく、一般的な電子ブックのお話でした。

最後の「ディスカバリーサービス・・・」については、
図書館の検索機能も、検索エンジン(Google等)のようになっていく
・・・と、いうよりも、そうしないと使ってもらえなくなる
というお話しです。
まだまだ課題もありそうですが、これからの図書館を考えるのによい話題でした。

2日間の日程で出張に行かせていただき、ありがとうございました。


--------------------------------------------------------------------------------------

■ さくららん お得情報 PT81 ■

お待たせいたしました。
恒例の 廃棄図書資料プレゼント を11月20日(火)からいたします。

図書室入口に、ブックトラックに乗せておきますので、
どうぞご自由にお持ちください。

毎年、ニュートン別冊は大人気です。
お目当ての雑誌がある方はお早めにどうぞ。


---------------------------------------------------------------------------------------

☆★
★ 質問・要望・なんでもござれ・・・ tosho@nifs.ac.jp
  感想もおまちしています。
  バックナンバーも見てね ・・・http://tosho.nifs.ac.jp/sakuraran/sakuraran-b.htm

---------------------------------------------------------------------------------------


 
© National Institute for Fusion Science Library